バナー

散骨の種類にはなにがあるか

散骨とは一般のお墓に納骨するのではなく、海や山に埋葬する新しい方法です。


海に散骨をする場合は、海洋葬、山に散骨や埋葬をする場合は樹木葬、ロケットを用い、お遺灰をカプセルに詰め宇宙に打ち上げる宇宙葬があります。

livedoorニュースに対して関心度が高まっています。

特に注目されているのが、海洋葬と樹木葬です。

待望の埼玉の散骨の最新情報ならこちらを参考にしてください。

海洋葬の場合、船に乗って、故人と縁のある海にまきますが、海洋葬にも船を借りて行う方法や複数の家族の方と同じ船にのり行う方法、足が痛いなどの理由で船に乗れないとき、業者が変わって行う方法があります。



どの方法にも骨は2ミリ以下に砕かなければならないという法律があり、まいてはいけない区域というものもあります。

海にまく際は溶ける紙を用い、花も海の環境を守るため、生花でなく、水に溶ける紙で作られた造花が用いられることが多いです。注目されている散骨の一つ、樹木葬は空から山林にまく場合と、樹の下に骨を埋葬する方法とがあります。

山林にまく際はヘリコプターを使用しまきますが、所有者とよく話し合うことが大切です。

また、この場合も2ミリ以下に砕き、パウダー状にしなくてはなりません。

樹の下に埋葬する場合も、どこでも好きな場所に埋めることはできず、法律により決められた場所での埋葬となります。
散骨は故人の骨が残らないということやお墓をつくらないということが特徴となっています。

新しい形でもあるので、受け入れられないこともありトラブルになることもあります。
こういった方法を選ぶ際は自分一人で決めず他の人ともよく相談をするようにします。